【タコライス】暑い夏にスパイス&野菜たっぷりごはん。

【タコライス】とは?

タコライス】とは、メキシコの郷土料理である“タコス”の具材を、ごはんの上に乗せた沖縄料理の一つです。

タコスは、味付けした挽肉、トマト、レタス、チーズ、サルサソースなどを、とうもろこしで作られた“トルティーヤ”を呼ばれる皮に包んで食べる料理。
タコライスは、メキシコと沖縄のコラボレーション!

今回は、そんなタコライスをたっぷりの夏野菜とスパイスを使って作ります!
暑い夏の日のおうちごはんにピッタリな一品ですよ。

材料(2人分)

・ごはん     2人分
◎タコスミート
・合挽肉     150g
・玉ねぎ(大)    1/4個(50g)
・茄子      1/3本(30g)
・ズッキーニ   1/3本(50g)
・油       大さじ1/2
・ケチャップ   大さじ2
・ウスターソース 大さじ2
・濃口醤油    小さじ1
・塩、こしょう  少々
・好みのスパイス (今回は、クミンシード・ナツメグ・チリペッパー)
※辛さの調節はチリペッパーで。
※子供用には、スパイスを入れる前に取り出しておきましょう。

・レタス   適量
・アボカド  適量
・チーズ   適量
・パセリ(好みで。写真はイタリアンパセリ)

◎サルサソース
・トマト  50g(1cm角切り)
・玉ねぎ  30g(みじん切り)
・レモン汁 大さじ1
・タバスコ 小さじ1
・にんにく 小さじ1 (みじん切りorおろし)
・塩、こしょう
※タバスコは辛いのでお好みで量を調整してください。

作り方

【準備】
・玉ねぎ、茄子、ズッキーニは0.5~0.8cmの角切りにする。
・サルサソースの材料はボウルに合わせて、冷蔵庫で冷やしておく。

①フライパンに油を熱し、玉ねぎ・茄子・ズッキーニを炒める。
②①の野菜全体がしんなりしてきたら、挽肉・塩・こしょうを加えて強火で炒める。
③挽肉の色が変わったら、ケチャップ・ウスターソース・醤油を加えてさらに炒める。ここで、スパイスを加えて香りをつけて味見をする。
④お皿にごはんを盛り、周囲にレタスを盛る。③のタコミートを上に乗せ、チーズ、サルサソース、アボカドを盛り、あればパセリを飾る。

ポイント&まとめ

タコスミートの野菜は玉ねぎが基本ですが、野菜を沢山入れることで少ないお肉でも満足感が得られます。この一皿に、一食で摂りたい野菜が入っています!(1人約120g、1日350g目標)

スパイスは好みの物をオリジナルにアレンジしてみても♪カレー粉を加えると、ドライカレー風なタコライスになります。
作ったタコスミートは、冷凍もできるので小分けにして保存すれば、お弁当にも活用できます!

暑い夏、スパイス&野菜たっぷりな【タコライス】はいかがですか?
美味しく楽しく、おうちごはんをいただきます♪

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【バジル】レシピ公開!紫色のバジルをご存知ですか?

【グリンピースの豆ごはん】年に一度は味わうべし。

【黒糖とココナッツのサブレ】おひとつ、いかが?

美味しくて身体に嬉しい常備菜!“麹納豆”はいかがですか?

【ずんだ白玉】枝豆&もっちり白玉で豆スイーツ。おまけレシピも必見!

【冷や汁】暑くて食欲がない時もサラリと食べられる郷土料理を紹介します!