【青じそ】冷蔵庫でイキイキ長持ち

実はスゴイ!【青じそ】の秘密

今では一年中手に入る【青じそ】にも、美味しい旬の時期があります。
それは…今!まさに、初夏から盛夏です。

薬味、つま、添え、飾り…料理の脇役にされがちな青じそですが、
実は体に嬉しい栄養素が含まれているんです♪

最近その効用が注目されている青じその栄養と、
明日からぜひ試していただきたい保存方法についてご紹介します。

【青じそ】の栄養は?

青じそには、カロテン・ビタミンB1、B2・C、カルシウム、鉄などが豊富。
また、特有の香りは“ぺリルアルデヒド”という成分で、強い防腐作用があります。
夏のお弁当の時期には、青じそを仕切りに活用するのもおすすめです!

体内でビタミンAに変わり、抗酸化作用の働きをする“カロテン”は人参よりも多いと言われています。
が、しかし!!
ここで注意していただきたいのは、“100g当たり”の量であること。

人参100gは、大きさ中くらいのもので約1/2本。
青じそ100gは、なんと…200枚!!

“〇〇よりも栄養素が多い”という言葉のからくりにはご注意くださいね☆

栄養豊富な青じそですが、一度に沢山食べるのではなく、
少しずつ料理に使って楽しむことをおすすめします。

【青じそ】の保存方法

青じそを買ってきても、なかなか全部使いきれない時がありますよね?
どのように保存していますか?

キッチンペーパーに包んで、ビニール袋やタッパーに入れておく??

もちろん、この方法でも良いのですが、
もっと長持ちさせたくないですか?

それには、この方法が一番!!

①青じそを重ねて、青じそが入る大きさの瓶に、茎を上にして入れる。
②水を瓶の1cm程の高さまで入れる。
③瓶のふたをしっかりとしめて、逆さまにして冷蔵庫で保管する。
※この時、茎の先が水に浸かっていることが大切☆

蓋を開けた時、茎が手前にあると1枚ずつ簡単に取り出すことができますよ♪
3~4日に一度、水を変えれば約2週間は綺麗な状態が保てます!

これで、せっかく買った青じそがしおれてしまう悲しみとはサヨナラ♪
美味しく、賢く、青じそを食卓に!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

【発酵日和】お知らせと、これからのこと。

【梅】奥深い梅干しの世界へようこそ

【バジル】レシピ公開!紫色のバジルをご存知ですか?

味噌作りレッスンに向けて、麹仕込み中ですよ。

味噌蔵見学&“醸せ師”より学ぶ発酵調味料作りin岡崎

おうちピクニックを楽しもう♪の会。