【梅】青梅シロップ

作る時期は?

青梅がお店に出回るのは、5月下旬から6月まで。熟す前の青梅は爽やかな香りがあり、梅シロップには最適です。

こちらは、無農薬の青梅。皮ごと漬けるので、できるだけ自然に近い状態のものを使って作りたいですよね。

材料(2ℓ保存瓶1本分)

・青梅  700g
・氷砂糖 700g

青梅と氷砂糖は同量。保存瓶の大きさに合わせて用意しましょう。

保存瓶の消毒→洗った保存瓶に、熱湯をまわしかけ(火傷に注意)よく乾かす。
使用する前にアルコールや焼酎を染み込ませた布巾で全体を拭き上げる。

作り方

①青梅は汚れを洗い流したら、2時間程水につけてアクを抜く。

②布巾で水気をしっかりふき取り、梅のヘタ(ホシ)を竹串で取る。ヘタが残っていると、えぐ味が出てしまいます。
時間があれば、この後竹ザルの上などで表面を乾かすと、雑菌やカビの発生を防ぐことができます。

③消毒した保存瓶に、梅を傷つけないようにそっと入れて、その上に氷砂糖を乗せる。
その後は梅と氷砂糖を交互に重ねる。日の当たらない冷暗所においておく。
シロップが上がってくるまで、1週間程かかるので、1日に1~2回梅全体に溶けた砂糖がまわるように混ぜる。毎日の変化を観察するのも楽しいですよ!
砂糖が溶けたら(2週間程)、梅シロップの出来上がり♪
2ヶ月したら梅を取り出して、冷蔵庫で保管すれば1年間美味しくいただけます。

【青梅シロップ】の楽しみ方

◎水や炭酸水で4~5倍に薄めて飲む

◎梅ゼリー、フルーツゼリーにする

これからの夏の暑い時期には、梅の爽やかな酸味が嬉しいですね♪

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【黒糖とココナッツのサブレ】おひとつ、いかが?

【ずんだ白玉】枝豆&もっちり白玉で豆スイーツ。おまけレシピも必見!

【タコライス】暑い夏にスパイス&野菜たっぷりごはん。

【デップソース】野菜を美味しく食べませんか?

【桃モッツァレラ】至福の組み合わせ!この夏、ぜひお試しください♪

【冷や汁】暑くて食欲がない時もサラリと食べられる郷土料理を紹介します!